The Passing : フィリップ・デスコラ(Philippe Descola, 1949- フランス)


Home | Preface | Archive | Thinkers | Events | Books | Links


Thinkers

現代の哲学者および美術史家たちの横顔


Giorgio Agamben
Daniel Arasse
Hans Blumenberg
Massimo Cacciari
Gianni Carchia
André Chastel
Hubert Damisch
□Philippe Descola
Georges Didi-Huberman
Pierre Francastel
Vladimir Jankélévitch
Bruno Latour
Louis Marin
Marie-José Mondzain
Mario Perniola
Jacques Rancière
Michel Serres
Victor Stoichita
Taki Kōji
フィリップ・デスコラ(Philippe DESCOLA, 1949- フランス)
自然と文化、人間と非人間という区分を根本的に問いなおすなかで、形象化の理論やイメージの存在論の(再)構想を試みている人類学者。

高等師範学校を出たのち、高等研究実践院にてクロード・レヴィ=ストロースのもとで博士号を取得。1987年から社会科学高等研究院の教壇に立ち、2000年にコレージュ・ド・フランスの教授となる。

L’écologie des autres. L’anthropologie et la question de la nature, Paris : Quae, 2011.
『他者の生態学――人類学と自然の問題』

Diversité des natures, diversité des cultures, Paris : Bayard, 2010.
『多様な自然、多様な文化』

Par-delà nature et culture, Paris : Gallimard, 2005.
『自然と文化を超えて』

Antropologia de la Naturaleza, Lima : Lluvia Editores & Instituto Frances de Estudios Andinos, 2003.
『自然の人類学』

Les lances du crépuscule. Relations jivaros, haute Amazonie, Paris : Le Seuil, 2001.
『黄昏の槍――アマゾン川上流ヒバロ族報告記』

Les idées de l'anthropologier (avec Gérard Lenclud, Carlo Severi, Anne-Christine Taylor), Paris : Armand Colin, 1988.
『人類学の諸観念』(ジェラール・ランクリュード、カルロ・セヴェーリ、アンヌ=クリスティーヌ・テイラーと共著)

La Nature domestique. Symbolisme et praxis dans l'écologie des Achuar, Paris : Éditions de la Maison des sciences de l'homme, 1986.
『飼い馴らされた自然――アチュアル族の生態学における象徴系と実践』