The Passing : ハンス・ブルーメンベルク(Hans Blumenberg, 1920-1996 ドイツ)


Home | Preface | Archive | Thinkers | Events | Books | Links


Thinkers

現代の哲学者および美術史家たちの横顔


Giorgio Agamben
Daniel Arasse
□Hans Blumenberg
Massimo Cacciari
Gianni Carchia
André Chastel
Hubert Damisch
Philippe Descola
Georges Didi-Huberman
Pierre Francastel
Vladimir Jankélévitch
Bruno Latour
Louis Marin
Marie-José Mondzain
Mario Perniola
Jacques Rancière
Michel Serres
Victor Stoichita
Taki Kōji
ハンス・ブルーメンベルク(Hans BLUMENBERG, 1920-1996 ドイツ)
「隠喩論(メタフォロロギー)」の構想のもと、古代から近代にいたる哲学・神学・科学・文学を広範かつ精緻に考察し、概念や思考が可能となる素地の変遷を辿っていく哲学者・思想史家。

リューベックの生まれ。キール大学で哲学を修める。その後、キール大学、ハンブルク大学、ギーゼン大学、ボッフム大学などを経て、ミュンスター大学で哲学を長らく講じていた。75歳で逝去。

Theorie der Lebenswelt, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 2010.
『生活世界の理論』

Geistesgeschichte der Technik, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 2009.
『技術の精神史』

Briefwechsel 1971-1978, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 2007.
『ハンス・ブルーメンベルク=カール・シュミット往復書簡(1971〜1978年)』

Theorie der Unbegrifflichkeit, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 2007.
『非概念性の理論』

Beschreibung des Menschen, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 2006.
『人間の記述』

Zu den Sachen und zurück, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 2002.
『事象へ、ふたたび』

Vor allem Fontane. Glossen zu einem Klassiker, Frankfurt am Main : Insel, 2002.
『フォンターネすべてのまえに――ある古典主義者についての註釈』

Löwen, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 2001.
『獅子』

Ästhetische und metaphorologische Schriften, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 2001.
『美学・隠喩論論文集』

Die Verführbarkeit des Philosophen, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 2000.
『哲学者の誘惑されやすさ』

Goethe zum Beispiel, Frankfurt am Main : Insel, 1999.
『ゲーテを例に』

Lebensthemen, Stuttgart : Reclam, 1998.
『生のテーマ』

Gerade noch Klassiker. Glossen zu Fontane, Hanser, 1998.
『かろうじての古典主義者――フォンターネについての註釈』

Begriffe in Geschichten, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1998.
『歴史のなかの概念』

Die Vollzähligkeit der Sterne, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1997.
『星の完全数』

Ein mögliches Selbstverständnis, Stuttgart : Reclam, 1997.
『ある可能な自己理解』

Höhlenausgänge, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1989.
『洞窟からの出口』

Matthäuspassion, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1988.
『マタイの受難』

Die Sorge geht über den Fluß, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1987.
『憂慮は川を越えゆく』

Das Lachen der Thrakerin, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1987.
『トラキアの女の笑い』

Lebenszeit und Weltzeit, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1986.
『生の時間と世界の時間』

Wirklichkeiten, in denen wir leben, Stuttgart : Reclam, 1981.
『わたしたちの生きている現実』

邦訳『われわれが生きている現実――技術・芸術・修辞学』村井則夫訳、法政大学出版局、2014年

Arbeit am Mythos, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1979.
『神話の仕事』

邦訳『神話の変奏』青木隆嘉訳、法政大学出版局、2011年

Die Lesbarkeit der Welt, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1979.
『世界の読解可能性』

邦訳『世界の読解可能性』山本尤、伊藤秀一訳、法政大学出版局、2005年

Schiffbruch mit Zuschauer, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1979.
『難破船と観察者』

邦訳『難破船』池田信雄、岡部仁、土合文夫訳、哲学書房、1989年

Die Genesis der kopernikanischen Welt, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1975.
『コペルニクス的世界の生成』

邦訳『コペルニクス的宇宙の生成』(全三巻)、法政大学出版局、2002-2011年

Die Legitimität der Neuzeit, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1966; 2. Aufl. 1988.
『近代の正統性』

邦訳『近代の正統性』(全三巻)斎藤義彦、忽那敬三、村井則夫訳、法政大学出版局、1998-2002年

Die kopernikanische Wende, Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1965.
『コペルニクス的転回』

Paradigmen zu einer Metaphorologie, Bonn : Bouvier, 1960; Frankfurt am Main : Suhrkamp, 1998.
『隠喩論のための諸パラダイム』



そのほかの邦訳論文

『光の形而上学』生松敬三、熊田陽一郎訳、朝日出版社、1977年