The Passing : ジャンニ・カルキア(Gianni Carchia, 1947-2000 イタリア)


Home | Preface | Archive | Thinkers | Events | Books | Links


Thinkers

現代の哲学者および美術史家たちの横顔


Giorgio Agamben
Daniel Arasse
Hans Blumenberg
Massimo Cacciari
□Gianni Carchia
André Chastel
Hubert Damisch
Philippe Descola
Georges Didi-Huberman
Pierre Francastel
Vladimir Jankélévitch
Bruno Latour
Louis Marin
Marie-José Mondzain
Mario Perniola
Jacques Rancière
Michel Serres
Victor Stoichita
Taki Kōji
ジャンニ・カルキア(Gianni CARCHIA, 1947-2000 イタリア)
古代ギリシア哲学(とりわけプラトン哲学)に深く沈潜しながら、ヴァルター・ベンヤミンはじめ現代の思想との対話を通して、イメージ、美、詩的なもののうちにあらわれる真理を思考しようとする哲学者。

トリノの生まれ。トリノ大学にて哲学を修める。ヴィテルボ大学で教鞭をとったあと、1992年からはローマ大学で美学を講じた。ヴェトラッラにて52歳で逝去。

Kant e la verità dell'apparenza, Torino : Ananke, 2006.
『カントと仮象の真理』

Immagine e verità. Studi sulla tradizione classica, Roma : Storia e letteratura, 2003.
『イメージと真理――古典古代の伝統についての研究』

『オルペウス教と悲劇』、『美学とエロース』、『仮象から神秘へ』、『絵画における神話』の四つを集成したもの。

Nome e immagine. Saggio su Walter Benjamin, Roma : Bulzoni, 2000; Macerata : Quodlibet, 2010.
『名とイメージ――ヴァルター・ベンヤミンについての論考』

L'amore del pensiero, Macerata : Quodlibet, 2000.
『思考の愛』

L'estetica antica, Roma-Bari : Laterza, 1999.
『古代美学』

La favola dell'essere. Commento al Sofista, Macerata : Quodlibet, 1997.
『存在の寓話――ソピステス註解』

Arte e bellezza. Saggio sull'estetica della pittura, Bologna : Il Mulino, 1995.
『芸術と美――絵画の美学論考』

Retorica del sublime, Roma-Bari : Laterza, 1990.
『崇高の修辞学』

Il mito in pittura. La tradizione come critica, Milano : Celuc libri, 1987.
『絵画における神話――批判としての伝統』

Dall'apparenza al mistero. La nascita del romanzo, Milano : Celuc libri, 1983.
『仮象から神秘へ――小説の誕生』

La legittimazione dell'arte. Studi sull'intelligibile estetico, Napoli : Guida, 1982.
『芸術の正統化――感性的にして可知的なものの研究』

Estetica ed erotica. Saggio sull'immaginazione, Milano : Celuc libri, 1981.
『美学とエロース――想像力についての論考』

Orfismo e tragedia. Il mito trasfigurato, Milano : Celuc libri, 1979.
『オルペウス教と悲劇――変貌する神話』



そのほかの邦訳論文

「現象を称えて」、ジャンニ・ヴァッティモ、ピエル・アルド・ロヴァッティ編『弱い思考』上村忠男監訳、法政大学出版局、2012年

「芸術の哲学/哲学の芸術」長友文史訳、『ラチオ』第四号、2007年